持ち歩く

とにかくカメラを持ち歩こう。いつ『素敵な何か』に出会うか分からない。そんなワクワクと共にカメラを抱えて外に出よう。いつもの道、いつもの公園、いつもの駅、いつものお店、いつもの・・・いつもの・・・、いつもと同じはずなのに、何か違う気がする、なにかありそうな気がする、そんな風に感じられるようになるまで、ひたすらカメラと共に居よう。
 

  • ある先輩の体験談
    まず写真を撮ろうと決めてからはイメージ修行だな。最初はカメラを一日中いじくってたな、とにかく四六時中だよ。目をつぶって触感を確認したり、何百枚何千枚とカメラを写生したり、ずーっとただ眺めてみたり舐めてみたり、音を立てたり嗅いでみたり。カメラで遊ぶ以外は何もするなと師匠に言われたからな。
     
    しばらくしたら毎晩カメラの夢を見るようになって、その時点で実際のカメラをとりあげられた。そうすると今度は幻覚でカメラが見えてくるんだ。さらに日が経つと幻覚のカメラがリアルに感じられるんだ。重さも冷たさもシャッター音も聞こえてくる。いつのまにか幻覚じゃなく、自然と具現化したカメラが出ていたんだ。
     

撮る

ちょっとでも『素敵だな』と感じたら、まずはシャッターを切ろう。何を素敵だと感じたかは考えなくて良い。自分の感覚を信じよう。初めのうちは「撮る」という行為が恥ずかしいかもしれない、でも「撮るは一時の恥、撮らぬは一生の後悔」という言葉があるように、素敵な何かに出会った瞬間を大切にしよう。
 
構図とか露出とか、細かい事は気にしなくて良い。一番大事なのはシャッターチャンスを逃さないこと。
 
『シャッターチャンスに気付く力』の向上に全力を尽くそう。
 

考える

撮った写真は必ず観よう。じっくり観て「あの時、何を素敵だと感じて撮ったのかなぁ」と悩もう。悩み抜いた結果、「なんかよくわかんないんだけど、なーんか好きなんだよなぁ・・・」という事もある。とにかく悩む、考えることが大事。
 
「あぁ、これを素敵だと思ったのかぁ」と気づく事ができたら、その写真には必ずタイトルを付けてあげよう。たったそれだけの事で、写真の魅力は数倍にも数十倍にもふくれあがる。
 
タイトルを付ける時に悩む事がある。「このタイトルを付けると、この部分が邪魔なんだよなぁ」とか「このタイトルなのに、客観的にみるとあんまり目立ってないんだよなぁ・・・」とか。
 
そういう考え方を無意識に出来るようになったら、いよいよテクニックについて考えていこう。
 
 
→ようこそ、初級者?へ!






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-02 (水) 13:22:30