言の葉の庭とは

どこかで見かけた素敵な言葉達。
自分の心構えを換えるきっかけを作ってくれた言葉達。
ときどき読み返して、自分を奮起したくなる言葉達。
そんな言葉達を集めた場所。


  • 「仲良くしたいと思った人に嫌われる」という知人の話を聞いていて気付いたのですが、「目の前の人間に愚痴を言って、それをひたすら聞いてもらう(更には慰めてもらう)」ことを「コミュニケーション」だと思っているようなんですね。相手が疲れて愚痴を回避するとそれを別の人に愚痴ったりもして。付き合いを長く続けたいなら、「自分だけが気持ちよくて相手はしんどい」という関わり方ではなく「自分も気分よく、相手も気分いい」という関わり方をしないと、相手も愚痴を聞けば毎回ストレスがたまるし、愚痴聞きを回避するとそのことをネチネチ言われる→距離を置くしか無くなる、と思うんですよ。
  • メンタル病院の先生に「付き合いづらい人ってどんな人?」って聞いたら「人の気持ちをわかろう!理解しよう!と一生懸命になる人です」って言われて、なんでそれがダメなの?って聞いたら「他人の気持ちなんて解らなくて当たり前なんです。それを理解できるという妄想は本当に厄介です」って言ってた。
  • どんなに気を許した仲になっても、人と人の間には、一線が必要。丁寧につき合うとは、その一線を明確にしながらも、都度その一線を見直すこと。だからこそ大切にしてる人には、誰よりも美しい一線を引きたいと思ってる。
  • 苦しいほどに胸を軋ませるような誰かへの思いが収束したなと思うのは、春が来たときの感覚に似ている。ああ、もう終わったんだなぁと一握の切なさを携えながらもほっとしている、あの気持ち。一晩で冬は春にならない。雪が徐々に溶けるように苦しさも消えてゆく。切ないけれど悲しくない終わりが来る。





トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-17 (金) 13:43:45